MARMITE

| コメント(2) | トラックバック(0)

知り合いが年2回ほどイギリスに行くのですが、ふとイギリスの知り合いが各家庭ある美味しい食材を紹介してくれたのを思い出してお土産に頼んぢゃいました(^_-)v

IMG_1010.JPG

好き嫌いが分かれるところですが・・・ボトル進化してるし(笑)

Love it or hate it?(^_-)

MARMITE
オーストラリア版はVEGEMITE

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://yam.heteml.jp/zakkistyle/mt-tb.cgi/522

コメント(2)

おいしいんですか?
興味津々...

最も一般的な食べ方はトーストに塗る方法であるが、この場合必ずと言っていいほどバターもしくはマーガリンとの組み合わせで消費される。マーマイト単体で食べるのは塩味があまりにも強いのと、粘り気が強くて塗る際に広がりにくいのでイギリス人などのネイティヴからも敬遠されがちだが、まずバターかマーガリンを塗ってからその上にマーマイトを塗ることにより味がマイルドになり、かつ油脂の効果で容易に塗り広げることが可能になる。またマーマイトとバターもしくはマーガリンを塗った上にスライスチーズを乗せ、オーブンで軽く焼くレシピも存在するほか、クラッカー等パンに類似した食品に塗って食べられることもある。

マーマイトを使った料理も複数開発されている。例としてスープの素としての使用法があるが、この場合はマーマイト独自の料理というよりも牛肉エキスを原料とするボブリールの代用品としてベジタリアン向けのスープに使われると見なす方が正確だろう。他にもレシピは多く、今日ではマーマイト料理のみを扱った料理本も出版されている。

ニュージーランドでは、マーマイトをパンに薄く塗り、パケットポテトチップを乗せた「マーマイトとクリスプサンドウィッチ」にすることがある。

スリランカでは、マーマイトを湯で溶かし、若干のライムジュースと、油で炒めた薄切り玉ねぎを加える。二日酔いから回復するための素晴らしい気付け薬になるのだという。

マレーシアでは、炒めた豚のスペアリブをマリネードにする漬け汁として中国料理レストランでマーマイトが用いられる。炒めるときに、マーマイトベースのマリネード汁が熱でカラメル化して、甘辛い照り出しソースになる。
とウィキペディアに書いてあります。外国人が日本で初めて食べる納豆って感じですかね。
ヤチ兄さんの腕にかかったら大変身しそうですけど・・・
今度お持ちしますv(^o^")v

コメントする

このブログ記事について

このページは、yamが2009年10月19日 06:24に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ズーイー」です。

次のブログ記事は「新そば祭り」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。